プリ小説

第15話

どうして?


あなた 「どうして?!!帰っていいじゃないですかーー」



翔、和也 『だからダメ!!』



あなた 「どうして?!!!二人とも私の存在忘れてイチャイチャしてたじゃないですか!!!」


翔 『いやいや!!』



和也 『イチャイチャなんか』




翔、和也 『してない!!!』




あなた 「してたって!!!どう見てもしてましたよ!!完全に私のこと忘れてましたよね?」



翔 『うーん』



和也 『おい!翔ちゃん!何でそこで考えるのよ!!』



翔 『いや!考えてない!』



和也 『考えてる!!』




あなた 「ほら!また!!やっぱり帰ります!さようなら!」


バタン) ドアが閉まる



翔、和也 『あ……帰っちゃった』



和也 『おーーーいーー!翔ちゃんーーー!!!どうしてくれんの!!!あなた帰っちゃったじゃん!!!』



翔 『なんでだよ!!俺のせいじゃないよ!!!てかなんでニノだけ困んの!?!俺も困るんだけど!!』



ガチャ)ドアが開く



和也 『え?!あなた??!』


? 『ねぇねぇ!!誰か女の子が走ってったけど!!!!』


和也 『はぁ、相葉さんかよ』


翔 『雅紀ちょっとうるさい』



雅紀 『ねぇ!二人ともひどくない???!!』



和也 『だからうるさいって』



雅紀 『ねぇねぇ!あの走って行った女の子誰!?生徒会入るの?』



翔 『うーん、入ってくれる気がするけどまだわからないんだよねー』


雅紀 『そうなんだー』


翔 『うん』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Aiba🍬
Aiba🍬
⚠︎注意⚠︎ お気に入り、いいね、hit数を励みにやっております。 需要が無いと感じた場合更新を停止する場合があります。 ⚠️現在コメント受け付けておりません。 皆さんどうも。 Aiba🍬と申します。 某気象系グループの小説を書いております。 不定期更新となっております。 ※いいね、お気に入り、観覧数を励みにやっておりますので、いいねやお気に入り、観覧数が伸びない場合予告無く終了したり更新をストップする場合があります。 ↓ 更新毎にお話の長さは異なってきます。 長かったり短かったり…… 色々あると思いますが楽しんでいただけるといいなと思って書いております。 あくまでお話はAiba🍬の妄想です。 うまく書けていなかったり、誤字があるかと思いますが注意して書きますのでご了承ください。 誤字脱字等ありましたらお声がけ下さい。 よろしくお願いします。