プリ小説

第4話

甘いのが好きな私のために
私の背中を押して中に入れさせる彼

窓が閉まると同時に今度は私から彼にキスをする
すばる
んぅ、ちょっ、何してんねん、!!
あなた

意外と甘いの吸ってんだね、?

すばる
ん?まぁ
あなた

すばるくん、甘いのそんなに好きじゃ
ないじゃん?

すばる
だって、
すばる
、、お前が甘いの好きやから
あなた

え、?

すばる
お前、俺と付き合いたての頃煙草の
匂い嫌ってたやん
あなた

あれ、そうだっけ?

すばる
せやから、甘いのやったら好きになって
くれるかなぁ思て
そういい照れて『言わすな阿呆』と言う彼が
たまらなく愛おしい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

(🥀) 妥 蛇 囁 沱 .
(🥀) 妥 蛇 囁 沱 .
✧. ゚ᵒᴾᴱᴺ ➳♡" ♚✧ ☽⋆° ☪︎⑅⋆⑊♞♘ My Prince ▹▸ 安 田 章 大 (33)            渋 谷 す ば る(36) 遠い遠い 罪な男に 心奪われた ➳♥︎ 彼らが私の全てナノ 語彙力などなどありません、、 駄作ですが、暖かい目で見守りください、、(笑) 自信、ぜんぜんないので感想とか聞かせて もらえたら泣いて喜びます😂