無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

29話
369
2017/10/31 08:59
あなたside


俺の母親に会った時、あの日は確か雨だった



日の光が一切見えず、周りの光も見失っていた



俺が倒れた時薄っすらと「虹」が見えた



その時はなんでこの時なんだと美しい虹に問いかけた
でも今日は違う



神山君とショッピングに出掛けているまさにこの時



空にはキレイな虹が架かっていた



俺は確信した
虹は薄っすらとあるのに人の心に残るものなのだろうと



その答えは
「小さな出来事でも、人の心には確かに残る」



俺は小学生の頃、口出しが出来ずにずっといじめられていた



その頃に俺が口出し出来たら、虹の様にイジメっ子を倒せたかもしれない



たとえ、自分を殺したくなったり、誰にも会いたくない時があっても
「小さな出来事」を探してぶつかって行ったほうが前進は出来る



そう神山君が、神山智洋が教えてくれた
俺の「大切」な親友










あなた「今日もどっか行かへん?」