無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

やっぱりキラキラ。



彼はキラキラしていた。



でもなんだか、いつもテレビで見ている彼とは違う気がしたの。




雰囲気が違うというかなんというか。



だけど、すごく優しそうだなというのは伝わってきたかな。



彼はね



転んでしまった女の子に手を差し伸べていたの。


なんだかホッコリした気持ちになったんだ。



そして、ああやっぱり彼が好きだなって。