無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

そして今。



あなた 「ココです!」



二宮 『へぇー、ここに住んでるんだ。』



あなた 「そうです!」



二宮 『ここ結構いいところだね。』



あなた 「そうですか?」



二宮 『うん。セキュリティがしっかりしてるし。』



あなた 「あ〜、確かにセキュリティはしっかりしてますね。セキュリティの面でココにしたといっても過言ではないので。」



二宮 『え?そうなんだ?』



あなた 「はい。で、そろそろ中入りませんか?」



二宮 『うん、お邪魔するね。』



あなた 「はい。どうぞ!」


二宮 『え?』


あなた 「え?」


二宮 『これ俺だよね?』


あなた 「あ、えっと、その、これは……」


二宮 『キミもしかして俺らのファン?』


あなた 「はい。storm大好きです……」


二宮 『……』


あなた 「えっと、二宮さん、ごめんなさい。」


二宮 『え?なんで謝んの?』


あなた 「え、だってわたしがstorm好きだから?」


二宮 『それで、俺のファンだから?』