無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

本当の気持ち。

二宮 『それでね。久しぶりに今日あなたを見かけたと思ったら転んでるじゃん?ビビったよね。すごく心配だった。けど、よし!チャンスだ!って思う自分もいるのね。あなたには悪いけど。』




あなた 「え??チャンス?どうして?」



二宮 『まだ分からない?あなた鈍感?』



あなた 「はぁぁぁぁ??鈍感ってどういうことですか!!!!」



二宮 『え?そのままだけど?』




あなた 「なにが!!私がなんで鈍感なんですか!!」



二宮 『だってまだ分からないじゃん』



あなた 「え??」

ちょっと待って二宮くん拗ねてる?え?!どうして?
二宮くんには悪いけど、拗ねてる二宮くんめちゃめちゃ可愛い


あなた 「なにがですか?」




二宮 『だからお前が好きだって言ってんの!!!』




あなた 「へーそうなんですか?ってええええええええええええええええええええええええーーーー???!!!二宮さん???え?冗談でしょ?」