無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

あのさ?? Side N

嘘じゃないよ?

分かってくれない?


どうして嘘だと思うの?


「そりゃあ……」


『なに?』


「アイドルだからですよ」


『アイドルは恋しちゃいけないの?』



「ち、違いますけど」



『じゃあなに?今まで関わったことなかったのにどうして急にって?』


コクリ)


『さっき言わなかったっけ?俺はそんなに優しくないわけ!分かる?誰にでも手を差し伸べないし。だけどあなたは違うでしょ?困っている人がいたら助けてあげようって人でしょ?』



「どうしてですか?」



『悪いけど結構あなたのこと見てるからね?あ、別にストーカーじゃないよ?』


「分かってますよ!!!」


『あなたがお年寄りの荷物持って歩道橋を一緒に歩いてあげたり転んでる男の子の怪我の手当てしてあげたり、困ってたら無視出来ないあなたの性格に惹かれたの』



「え……見てたんですか、?」


『うん。見てたよ。』