無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

なわけない。
933
2017/10/18 13:42
もう。朝からうざいよ。


亜嵐だってうちが涼太のこと好きなこと知ってるくせに、からかいやがって。。

学校行ったら殴ろw (((( やめろよw by亜嵐


私は涼太が好きなんだけども、、
親友の彼氏なんだよね。
うん。なんか複雑。


みゆき「あなた〜!おはよ!!」

そうこの子が涼太の彼女。
可愛くてすっごくモテる。

あなた「みゆきおっはよー!! あれ?いつも涼太と来るのに。なんで?」


みゆき「あっ、涼太は亜嵐とはやくに行くからって行って私おいてけぼり(泣)」

あなた「あー、、かわいそうにw」


みゆき「絶対思ってないでしょ〜w」


あなた「ごめんごめんってw」

みゆき「いいよ!全然! てか、亜嵐ってさー。あなたのこと好きだよね。。」



あなた「はぁっ?!いやいや、、ないないw
そんなん絶対ありえんw」


みゆき「そうかな?」


あなた「そうだって」


みゆき「ならいいや!」


‪__キーンコーンカーンコーン__



みゆき「やっば!!」


あなた「みゆき!はやく教室行こ!」


みゆき「うん!!」


_____________________


てか、アイツが私のこと好き??

ないでしょwそんなことw

でも、なんでこんなにドキドキしてんだろう?

私は涼太が好きなのに。

アイツのこと考えるのやーめた!


____________________



このとき、私は自分の気持ちに
素直になれなかった。


「「ほんとは誰が好きなのか」」