プリ小説

第14話

当日、嘘、嘘。
侑菜side




準備は整ったの。
あとは、太陽を待つだけ。









太陽「侑菜~」


侑菜「あ!太陽~!」

太陽「あれ?花梨は???」


侑菜「花梨はね、遅れて来るって~」

太陽「え?バイトは入れるなっ言ったんだよな?」

侑菜「うん、なんか急用らしいよ?」

太陽「そか、じゃあ2人で行くか~」

侑菜「うんっっ!!」





















花梨side








何着てこ~?!
侑菜も居るしそんな頑張んなきゃって感じじゃなくてもいいよね~???
あー!わかんないよ~!!!!!!








プルルルルルルル

え?電話?誰?陽奈?陽奈?!

忙しいのに~😫


花梨「もしもし~?陽奈から電話なんて珍しいじゃーん!」

陽奈「あー、うん。今日用事あんの?」

花梨「うん!あと1時間もしたら太陽と侑菜と3人でイルミ見に行くよん!!!」

陽奈「バイト帰りなんだけどさ、侑菜と太陽一緒に居たよ?手繋いでたしデートっぽかったんだよね。そーいえば、花梨イルミ見に行くって楽しみにしてたから…花梨?」

花梨「え………」

陽奈「ごめん、悲しい思いさせた、ほんとごめん。」

花梨「うんん…大丈夫。」







うそだよ、うそ。
絶対うそ。だって、私に嘘つくなんてことしなかったもん。なんかあったら絶対言ってくれたもん。なんで…













侑菜side





(LINE)

陽奈「花梨に電話したよ。」

侑菜「ほんと?!花梨どんな感じだった?」
「泣いてた?笑」

陽奈「うんん、漠然としてた。」
「ほんとにこれで良かったの?」

侑菜「なに言ってんの?侑菜にとって花梨は邪魔なの、あの人が居るせいで太陽と上手くいかないの」

陽奈「嘘つき。」
「本当は1番、太陽より失いたくない存在なのに強がって。いつか絶対後悔する。」
「まぁ、精々花梨に有難く思ってデート楽しんで」

侑菜「言ってる意味がわかんないけど楽しむね~♡」













太陽「侑菜~、花梨遅いな、あいつ道迷ったか?」

侑菜「どーだろ?電話してみる?」

太陽「おう、そーしよ。」





プルルルルルルル ガチャ





太陽「あ、花梨?おま、いまどこ?遅くね?

花梨「あ、ごめん!熱出ちゃってさ~苦笑
私無しで楽しんで~!!!!」

太陽「は?熱?!大丈夫かよ…」

花梨「なんともない!なんともない!私も見たかったなイルミネーション…」

太陽「熱ならしゃーないよな…また行こうな!」

花梨「うん!!!」




作戦成功っっ♡♡
熱なんて嘘ついちゃってさ(><)
言えばよかったのに「あんた達がデートしてる間に私は入れないよ」ってさ♡♡


あー!楽し楽しい❤︎゛


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆん .*・゚
ゆん .*・゚
自己紹介☟☟☟ 長編➸「私の恋は甘く切なく。」 「先輩!好きです!」 あなたという人に出会えてよかった。 私という人間が好きになってごめんなさい。 たくさんの人が幸せな恋に
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る