プリ小説

第2話

アンチ
もちろん、私はシルクと付き合っているためアンチは少なくない…
「シルクがかわいそう…」

「あなたシルクと別れろ」
あなた

………

シルク
あなた?
あなた

えっ?ど、どうかした?

シルク
ずっと、ぼ―っとしてたから
あなた

そんな事、無いよ…

シルク
本当か?
あなた

あっ、私飲み物買ってくるね…

ンダホ
えっ、俺も行く
あなた

あっ、1人で行ってくるからいいよ?

ンダホ
ありがとう
しばらくして…
シルク
あなた遅くね?
ンダホ
だよね、やっぱりなんかあったのかな…
シルク
俺、ちょっと行ってくる
ンダホ
おう、よろしく
俺は走ってあなたを探しに行った…
すると、近くの公園に…

ギコギコ…
シルク
あなた?
そこにはブランコにのり1人で泣いているあなたがいた…
あなた

うぅ……

シルク
どうしたの?
あなた

私って、フィッシャーズに必要無いのかな…

シルク
なんでそんな事言うんだよ…
あなた

最近、コメント欄でシルクと別れろとか、シルクがかわいそう…

俺はあなたの目の前にしゃがんだ…
シルク
あなた?
あなた

ん?

シルク
Youtuberを始めたのはアンチも覚悟のうえだろ?
それに、誰1人あなたを必要としていないメンバーなんていないぞ?
あなた

でも、皆に迷惑かけてない?

シルク
かけてる訳無いだろ?
しかも、視聴者さんに別れろって言われたからって別れるなんて俺はしねぇよ?
あなた

シルク…

シルク
いつまでも、泣いてないで早く帰るぞ!
ンダホも待ってるし!
ほら!
そう言って俺はあなたに手を差し出した
あなた

ありがとう、シルク!
大好き!

シルク
はいはい、サンキュー
あなた

照れてる?

シルク
ッ! いいから帰るぞ!
あなた

は~い!

こうしてまた、1つ壁を乗り越えたのでした…(*´˘`*)♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こもも🐟🐻
こもも🐟🐻
シルクの小説やってます! ゆっくり更新中 プリ画像でも小説やってます! Twitter→@komomo_fischr14 Twitterで語りたい… 👑💕love→はじめん、シルク 🙏→はじめん好き、ウオタミさんと繋がりたい! 💕🙇→フォロー 、いいね、コメントありがとう! ももくまさん❤ フォローしてくださってる方ありがとうございます!感謝感謝です! プリ画像フォロワーさん600人突破しました! ありがとうございます! 私の為にありがとうございます ももくま→私のファンの方のお名前です (本気ありがとうございます“〇| ̄|_)