プリ小説

第8話

酔っ払い
今日は久々に俺の家でメンバー皆で飲んでいる…
すでに、ペケ、ザカオは潰れていた…
あなた

シルク~
お酒取って~

マサイ
酔ってるんじゃ無いの?笑
あなた

まだまだ~

シルク
はい
あなた

おっ、ありがと~

ダ―マ
あなた目がトロンってしてるぞ?
あなた

えぇ~そんな事無いよ~

シルク
ほどほどに、しとけよ?
あなた

了解ですッ!笑

数十分後
あなた

シ~ルクっ!
お酒ちょ~だい!

シルク
もう、駄目!
あなた

なんで~?

マサイ
完全に出来上がったね笑
モトキ
あなた大丈夫?
あなた

うんっ!
シルクお酒ー

シルク
あなた?
今日はおしまい
あなた

えぇ~~

ンダホ
もう少しくらい駄目なのぉ~
ちなみに、ンダホも酔っている…
あなた

ね~

ダ―マ
ダホも酔ってね?
って、ダ―マが言ったときにはもう、ダホは寝ていた…
マサイ
寝るの早くねぇ!?
モトキ
だよな…
ふと、あなたの方を見ると、目がウルウルしていた…
シルク
どうした?
あなた

せっかく、今日全員揃ったからもっと…

そう言うと、あなたの目からはどんどん涙がこぼれて来てしまった
モトキ
大丈夫、また絶対集まれるから
シルク
おいで、あなた
俺が手を広げると、すぐに俺に飛びついてきた…
あなた

うぅ…

俺が背中をさすっているうちにあなたはぐっすり寝ていた…





「可愛すぎ」
この寝顔はメンバーの誰にも見せたくなかった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こもも🐟🐻
こもも🐟🐻
シルクの小説やってます! ゆっくり更新中 プリ画像でも小説やってます! Twitter→@komomo_fischr14 Twitterで語りたい… 👑💕love→はじめん、シルク 🙏→はじめん好き、ウオタミさんと繋がりたい! 💕🙇→フォロー 、いいね、コメントありがとう! ももくまさん❤ フォローしてくださってる方ありがとうございます!感謝感謝です! プリ画像フォロワーさん600人突破しました! ありがとうございます! 私の為にありがとうございます ももくま→私のファンの方のお名前です (本気ありがとうございます“〇| ̄|_)