無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

いとこちゃん2
はい、只今あなたメッチャ拗ねてます…
シルク
あなたさん
あなたさん
あなた

ゴニョゴニョ…

あなた酔ってて、拗ねてるため俺の話を無視して1人で文句言ってます…。
シルク
あなたさん
あなたさん
あなた

うるっせ~
シルクの癖に!

しかもメッチャキレてる
シルク
俺と遊ぼ?
あなた

は?
なんでお前なんかと遊ばないけんの?
はよ、シルクはいとこちゃんとでも遊んでれば?💢

※あなたはメッチャ酔っています…
シルク
俺の事嫌いになったの?
あなた

当たり前!
大ッ嫌い!大ッ嫌い!
今すぐ消えて!💢💢💢

※あなたはメッチャ酔っています…
シルク
じゃあなんで目ウルウルしてんの?
あなた

は?

少し口調が柔らかくなるあなた。
あなた

それは…
シルクが嫌いだから!

今にも涙出そうなのによく言えてるな…。
シルク
じゃあ俺が居なくなれば良いの?
俺は少しあなたを突き放す…
あなた

そ、そうだ、そうだ………

そうだ!とか言いながら泣いちゃった…
シルク
もう、バカだな…笑
そう言いながら俺が手を広げるとスッと入っきたし…
あなた

バカじゃ無いし…

シルク
はい、これでお互い様な~
俺だってマサイに嫉妬してたし…
あなた

なんで私が嫉妬してるって…

シルク
あなたわかりやすいし…
あなた

もう…

シルク
これで仲直り!
あなた

うん!

一件落着!
あなた酔ってるけど…。