無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

失恋したぁぁぁ!
みんな聞いて
TIK TOKで仲良くしてくれてる男の子がいて
TIK TOKのメッセージもいっぱいしたし
寝る前も朝起きてからもずっとその子とメッセージしてて。
その子が『好き』って言ってくれて
嬉しかったのに当時の僕は
先輩一筋だったの。
先輩以外興味なくて
断ってからも『好き』って言ってくれて
嬉しかったのに
「しつこい」なんて言っちゃったから
『ごめんね。』って離れてっちゃったの。
たまにメッセージして。
今に至る
久しぶりにメッセージしたら
『このユーザーはあなたの事をフォローしてないので送信できません。』と表示
久しぶりに動画を見ると
『今すぐ付き合いたい人メンションして』
なんて動画上げてるから見たら
メンション中に僕はいないんだ。
あんなに毎日好きって言ってくれたのにな。
時間を巻き戻して欲しいな。
また好きって言って欲しいな。。。
もう僕は君一筋だから……
戻ってきて。