無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

フィッシャーズとシェアハウス①
353
2017/10/22 00:59
私は〇〇、フィッシャーズとシェアハウス生活が始まった
っていっても一週間前から始まっていた。
この家の管理やお金の管理は私が一人で行っている
家事も私一人でやっている。その代わりフィッシャーズが
バイトで稼いでくれている。
しかも私たちは大学生もやっているので毎日バタバタしながら大学に行く
ある日のこと
〇〇
おはようシルク!
今日はフィッシャーズの中でシルクが一番だね!
シルク
おはよう!
いつも寝坊するから目覚ましかけといたww
フィッシャーズ(シルク以外)
おはよー!
〇〇
え!?みんな早!!
ンダホまでどうしちゃったの!?
ンダホ
なんか起きれた!ww
シルク
それより準備して早く行こうぜ!
〇〇
そうだね!バスん中で食べるおにぎりにぎっといたから
1人2個ずつンダホは四個持っていってね!
フィッシャーズ
了解ですっ ( ̄^ ̄ゞ
そして大学に向かうバスに一時間揺られて
大学に何とか間に合った
シルク
間に合ったな!
〇〇
うん!良かった!
フィッシャーズ(シルク以外)
良かったな!
安心していると、それを憎たらしい
目で見ている奴がいた
菜々緒
何よあいつ