無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
220
2017/10/04

第5話

もう一度逢えたら

もう会うことはないだろう。
だから、『もう一度逢えたら』こう伝えたい。






元気にしてた?
好きだったよ。
いつもドキドキしてたよ。
君の笑顔が好きだったよ。
隣の席になれて死にそうな位嬉しかったよ。
あなたと一緒に過ごせて本当に良かったよ。
あなたと幼馴染でよかった。
生まれてきてくれてありがとう。
8年間ありがとう。
支えてくれてありがとう。
助けてあげられなくてごめんね。
気づいてあげられなくてごめんね。


沢山あるけど、これだけは伝えたい。





















──────恋を教えてくれてありがとう。

**END**