前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
6,822
2017/10/04 11:51
それは....
ある日、突然起こった出来事だった。
おそ松
なあ、チョロ松。醤油とって
チョロ松
ん、はい
おそ松
さんきゅ
カラ松
フッ....今日も世界は平和だな....。
カラ松
ところで一松、今日、一緒にパチンコどうだ?
一松
....もぐもぐ
一松
....(無視)
十四松
うまい!お鍋うまいよぉ!!もぐもぐ....
トド松
こーら。十四松兄さん、食べすぎ〜
カラ松
....え?(完全スルーされた)
いつものように、俺たちは並んで朝食を食べていた....。
おそ松
....もぐもぐ
ふと思えば、朝から母さんの様子がおかしい。さっきから誰かと電話しているようだけど―。
ーガチャリ。
ーダッダッダ....
松代
ニートたち!大事な知らせがあるの!聞いてちょうだい。
チョロ松
母さん。どうしたの?そんなに慌てて
おそ松
また離婚とかやめてよ〜?
松代
実はね....。
母さんが、その「大事な知らせ」というのを言う時が来るまで、俺たちはまだ知らなかった。
おそ松
え?妹....?
....俺たち松野家に、新しく家族がやってくるんだ。

プリ小説オーディオドラマ