第2話

「松野家に妹?!」
7,299
2017/10/04 12:56
一松
....!
十四松
....い、イモート....?....イモート....イモト....あ、イモt
トド松
ぼ、僕たちに妹?どういうこと....?
カラ松
フッ....。(キラキラ....)
トド松
はぁ?!いや関係ないから!!なにそのキラキラしたズボン!どこで買った?!イタいねぇ〜っ!
松代
はぁ....。じゃあとりあえず連れてくるわ。詳しい話はそれからね。
おそ松
....。
チョロ松
あっ。待って、母さ....
ーバタリ。
チョロ松
....行っちゃった。
....。
俺たちは円になって集まった。
いつも重要な話をする時はこんな風に集まってる。
おそ松
....じゃあ、最初からもう一回考えてみよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松代
ニートたち!大事な知らせがあるの!聞いてちょうだい。
チョロ松
母さん。どうしたの?そんなに慌てて
その後、母さんは俺たちの前に座り込んだ。
そしてー。
深呼吸をした後、こう言ったんだ。
松代
お前達に妹ができたわ。
おそ松
....え?
松代
実は、昨日買い物帰りに、路地裏辺りで泣いてる女の子を見つけてね....。
松代
親は?って聞いてみたけど、首を横に振るばかりで....。
松代
だから、親が見つかるまではこの子を家に預けておくことにしたの。
チョロ松
....え、親に捨てられたの....?
松代
それは分からないわ。
でも、親はいないと言っていたし、その可能性はあるわね。
おそ松
....。
松代
ということで、これからその子をよろしくね。
チョロ松
....いや、話単純すぎ!
おそ松
....もっとちゃんと考えないと....まずくない?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トド松
っていう感じだったよね....。
カラ松
ああ....そうだな。
十四松
うんうん
一松
....フツーに考えて....おかしいよね....。
もし、その女が本当は悪い奴で....この家の金を全部盗んでやろうとか考えてたら....。
おそ松
うぇぇ....。一松、怖いこと言わないで....。
チョロ松
でもそれは考えすぎじゃない?さすがに盗むなんて....
トド松
うーん....十四松兄さんは?どう思う?
十四松
え?僕?うーん、僕はねー....。
十四松
可愛い子なら、誰でもいいー!!!
カラ松
フッ....さすがマイブラザー....。その通りだぜ....。
おそ松
おー!確かに!可愛い子なら....(ニヤニヤ)
トド松
へへっ。確かに〜
チョロ松
いやお前らどんだけ可愛い子がいいんだよ....。
ーダッダッダ。
ーガチャリ。
松代
ニートたち、連れてきたわよ。
あなた

え....えーと....

あなた

は、はじめ....まして。

あなた

あなたって言います。いきなりでバタバタしてるけど....これから、お世話になります!

おそ松
....か、かわいい....!!
チョロ松
....あれ?あなたちゃんのパーカー....。
松代
お前たちとおそろいよ。色が無かったから、グレーしか無かったのよ。
チョロ松
....超絶かわいい....!
松代
で。この子のことなんだけど。
松代
まだ色々あって、少しずつ話していくって。
松代
だから、この子のこと、大切にしてあげて。
チョロ松
うん。任せて!
カラ松
フッ....頼りにしてな....この俺があなたちゃんの面倒を見t....
十四松
うんうん!よろしくね!!あなたちゃん!
トド松
馬鹿な兄さんたちだけど、よろしくね☆
あなた

....うん....!!

松代
じゃあ、母さんは少し出かけてくるわ。この子に必要な物とか色々用意しないとね。
チョロ松
あ、母さん。それなら僕が....
ーバタリ。
チョロ松
また行っちゃった....
おそ松
....よし。
おそ松
とりあえず、あなたちゃんのこと、色々知りたいから質問するね。
あなた

あ....はい!

俺たち六つ子はあなたを正面にして座り込んだ。
おそ松
えーと....じゃあ、俺からで!
....どーやってこの家に来たの?何か目的があるとか?
あなた

....えっ....そんなんじゃ....

チョロ松
ちょっと、おそ松兄さん。
あなた

....っ。

あなたは今にも泣きそうになっていた。
きっとそれほど辛いことがあったのかな。
おそ松
ごめん....。
あなた

ううん。大丈夫だよ。取り乱しちゃってごめんなさい。

あなたはニコッと笑って見せた。
....ああ、そうだよな。こんな可愛い子が泣いてたりしたら、母さんも声かけるよな。
カラ松
....じゃあ、次は俺が質問していいか?
あなた

はい....!

カラ松
今、歳はいくつなんだ?若そうに見えるが....
あなた

ええと、今年で19になります。

チョロ松
19ってことは、僕たちと一個違いだね。
あなた

....!そうなんですね....!

チョロ松
うん。....ところで、なんて呼べばいいかな?
ほら、一応僕たちのカノj....ゴホン。妹だし!!
あなた

えーと....呼び捨てでも好きなようにどうぞ!

チョロ松
じゃ、じゃあ、あなたで....///
あなた

はい!(ニコッ)

一松
あなた....いい名前....。
あなた

ありがとうございます....!

一松
あ、俺たちのことも....呼び捨てでいい....。
あなた

じゃ、じゃあ、一松兄さんって、呼んでもいいですか?

一松
....!どっちでも....///
十四松
はいはいはーい!!!僕のことは、十四松!!十四松だよ!!
あなた

....あははっ。面白いんですね、十四松兄さん。

十四松
....!!え、えへへ!!....な、なんだこれー....顔、あちーっ!!
十四松
あ!ところでさ!!あなたはさ!!やきう!好き???
あなた

や、やき..う?

十四松
やきうだよ!!!!
十四松
ほら、バットもってー....フンヌッッ!!
トド松
十四松兄さん、それただの殺人鬼。
十四松
あははっ!!
トド松
あ、ごめんね。あなたちゃん。一応兄弟だけどそれぞれ似てる所って言ったら顔くらいしかないから(笑)
あなた

そうですか?皆さん、面白くて素敵な方だなーって思います!それぞれ個性的で話してて面白いですっ

トド松
そ、そうかな....///
あなた

はい!

トド松
あ、と、ところで!寝る場所ってどうするの?
おそ松
あー、俺もそれ考えてた〜
チョロ松
一人だけ別の部屋もイヤだよね?かといって男だらけの部屋もイヤだよね....
カラ松
....じゃあ、俺らの中から好きな松を選んで、毎日違う松と寝るってのはどうだ??
おそ松
おー!それいいな!!さすがカラ松!
一松
....たまにはいいこと言うんだな。クソ松。
カラ松
フッ....我ながら良いアイデアだぜ...!
チョロ松
え?!ふ、ふふ、ふ、2人で....?!///
十四松
うんうん!!!
トド松
いいねー♪
あなた

ふ、2人で....ですか?!///

おそ松
テキトーでごめん。でも、これがしっくりくる!!
チョロ松
じゃ、じゃあさっそく....
カラ松
フッ....
一松
....どうぞ
十四松
お好きな!!
トド松
松を☆

プリ小説オーディオドラマ