無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

気遣い
俺は古田 斗羽(ふるた とわ)
高校1年
全校生徒180人という小さな学校だ。
俺達の学年は2クラスで1学年69人。1クラス35人。
その内学年で女子はたったの19人。
ほとんどに女子は他校に彼氏がおり、恋とはほぼ無縁の学校だ。
奏美
とーあー!
後ろから肩を叩かれた。
奏美
また考え事ー?
あ、それとも可愛い女の子でも見つけた⁉
斗羽
ちげーっつーの。
いきなりどうした。
昼なんだから飯でも…
言い終わる前に奏美が頬を膨らませた。
なんだよ…と言おうとしたとき
奏美
いっつも1人でいるから
一緒にご飯たべようと思って来たの!
こいつは幼稚園からの幼馴染。
何故か高校までついて来た。
俺は高校に入って友達と言える友達を作っていない。

だからなのか?
奏美なりの気遣いをしてくれたらしい。
斗羽
ちょっ、待てって‼
どこ行くの!?
スタスタと歩いていく奏美の後ろを
弁当片手についていく俺。
まわりの目が痛い。

まるで俺がストーカーじゃねーか。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夕希羽
夕希羽
学生です。 小説書くのが好きです 良ければ読んでいってください! フォローなるべく返します! 連載中 完結 ✩この空の下で。 ✩拝啓−あの日の君へ− ✩小さな約束 天月さん、坂田さんを推させて頂いてます。 nmmn注意です。 こんな小説で良ければぜひ読んで行ってください
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る