プリ小説

第3話

悠矢ver.2
ある日突然、うちのクラスの2年4組教室で、
友達の由麻(ゆま)から、



由麻『ねーねー!あなた!彼氏おるん?』

あなた『…………。はぁ?(´⊙ω⊙`)』

由麻『はははっ!(о´∀`о)いや、なんか最近るんるんやから、もしかしてーって思ってん!』

あなた『えっ、あっ、うっ、うーん。(インレノって彼氏〔彼女〕おるってことは言っていいけど名前は言ったらあかんねんよな。えっ、けど彼氏〔彼女〕と相談して決めなあかんのに。今1人で決めていいんかなぁ。どーしよ!?)』

由麻『うん?なんか言われへん事情でもあるん?まーそれならいいよ!』

紗南『由麻ー!ちょっときてー!こっ!これ!とられへん!手伝ってー!』

由麻『あっ、はーい!!いまいくー!!
というわけやから、じゃあ!あっ!今度でいいから、絶対教えてな!絶対やで!』

あなた『あっ、うん。』



まあ、とりあえずは大丈夫だったのかな?



悠矢『あなた!ちょっといいかな?』

あなた『えっ、なに?(ゆうちゃんは2組だよね?3組を挟んでるからきっと来にくいはず。しかも私呼ばれた!?どういうこと!?)』

悠矢『こっち来て〈小声で〉』



ええと、どうなるかでしょうか!?
続きは「悠矢ver.3」で!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ミルクティー🍼😗 活動停止中。
ミルクティー🍼😗 活動停止中。
小説アカウント。 中3女子。 高校合格しました。 応援して下さった皆さん、 本当にありがとうございました! ハートやコメントいつもありがとうございます! 🍼😗ファンマーク? よければどうぞ。 King & Prince 永瀬廉君♡♡ HiHi Jets 井上瑞稀君♡♡(初めて知ったJr) 橋本涼君♡♡