無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

不信
「……おかえり」








いつも私が朝帰りだと不機嫌だ







いや分からなくもないけれど。
愛する彼女が朝帰りだと流石に心配もするか。笑








けれどそれもそれで困る。








今日はまた別だけど涼太に負けず劣らず仕事も大事
だし。








『……ただいま、涼太。』









時間差でそう言って、いつもより頼りない背中を
そっと抱きしめる。























♡×11で更新