無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

「おかえり、あなた…?」















その一言で始まる地獄の時間。















……いや、天国と言うべきか。













































少なくとも私が好きだった貴方は、こんなに哀しい人じゃなかったよ…