無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

VIP
目黒蓮
目黒蓮
…あなたさん、いいんっスか?
(なまえ)
あなた
ん?何が?
目黒蓮
目黒蓮
あ…いや、彼氏さんいるのに…
(なまえ)
あなた
……
目黒蓮
目黒蓮
…すみません、聞かなかったことにしてください
(なまえ)
あなた
大丈夫よ?全然平気
(なまえ)
あなた
…なんかね、最近束縛激しくて
目黒蓮
目黒蓮
そうなんすね…
(なまえ)
あなた
だからうち帰りたくなくてさ
(なまえ)
あなた
あ、いや、嫌いなわけじゃないの…
目黒蓮
目黒蓮
そんくらい分かってますよ
目黒蓮
目黒蓮
あなたさんが本当に好きな人じゃない人と一緒にいるわけないですもんね
(なまえ)
あなた
…流石、蓮くん
(なまえ)
あなた
…ねぇ、今までずっと我慢してたけど
(なまえ)
あなた
今日は帰りたくない、かなぁ……
目黒蓮
目黒蓮
もちろん
目黒蓮
目黒蓮
でも“今日だけ”っすよ?
(なまえ)
あなた
当たり前じゃん、蓮くんと朝までいれたら暫くは頑張れるもん
目黒蓮
目黒蓮
じゃあ……

















そう言うと彼は指を絡ませ私の手を引いてどこかいく


































これがいわゆるVIPってやつなのかぁ、、