プリ小説

第5話

恋を知りました
あなた

これが…恋?

まだ鼓動を収める気の無い胸に手を当てて
目を瞑る。


______今日、私は恋を知りました_______



それからというものは、毎日が大変だった。

恋だと気がついたら、夏くんの姿を見るだけで、夏くんと話しただけで私の心は踊り狂い出す。

必死に今まで通りの平然を装うのが精一杯だった。


だけど夏くんはすごく勘が鋭い。

バレるのも時間の問題かな?



だけどこの関係を壊したくない私は
自分の気持ちに蓋をして毎日を過ごしてる。
夏
春?どうしたの?顔赤いよ?まさか…熱でもある?
夏くんはそんな私の気持ちなんて知らず
今だってほら、私のおでこに手を当てる。


夏くんのせいでどれだけ胸が鼓動を進めてるなんて…伝わらない。伝わっちゃだめ。
あなた

だ、大丈夫だよ!

私は、バレてしまうのが怖くて思わず
夏くんの前からパタパタと走り去る。


もう!
鼓動が早すぎて心臓が止まりそうだよ…


廊下を下を向きながら走ってると…


ドンっ!


誰かとぶつかる。
あなた

わぁっ!

私の体は後ろへと飛ばされる。

痛みを覚悟し、目を瞑り待つ…が痛みは一向に
感じない。
恐る恐る目を開けると目の前には知らない男の子がどアップで…
あなた

わぁぁ!す、すみません!

どうやら私の身体を支えてくれてたみたい。

慌てて離れる。

怖い顔で私を見る男の子。
友希
友希
前を向いて走れ
そう冷たく言い残し、その場から離れる。


どんどん遠くなっていく背中に何も言えず、
後でお礼を言えなかったことに後悔する。


同じ学校の人だし、また会ったらお礼言っておこう。


私はすっかり収まった鼓動にホッと息をつき
教室へと足を運ぶ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Mr.すー🐻
入賞者バッジ
Mr.すー🐻
高校生( ¨̮ ) 小説書くのも読むのも大好きです😯💭 恋愛モノを中心に書きます:) お気軽に読んでみてください( .. ) 心に染みる小説を書こうと思ってます☆*。 1人でも多くの方に読んでもらえると嬉しいです゚・*:.。❁ 応援よろしくお願いします( ¨̮ ) お気軽に感想などよろしくお願いします.*・゚ 待ってます( .. )