プリ小説

第13話

勘違い
夏
何言ってるの春?
花田がどうした?
花田は夏美さんのこと。

夏くんはそう聞いてくる。
あなた

夏くんと夏美さんは付き合ってるんじゃないの?

私は今日あったことを全て夏くんに伝える。

告白現場に遭遇したことから、友希さんと帰ってきたことも。
夏
ふふっ
全てを聞き終えた夏くんはそんな笑い声を出す。
どうして夏くんが笑ってるのかは分からない。

だけどそんな夏くんの笑顔を見て、安心した私がいる。
夏
そっか…春は勘違いしてたのか
勘違い??

夏くんと夏美さんは付き合ってる。

これは間違いなの?
あれ?でも…夏くんが返事してるとこ聞いてない。

まぁ、怖くてその場から離れることしか頭になかったから。
夏
きちんと断ったよ?好きな人がいるから
断ったと夏くんの口から出た時は
恥ずかしくなった。

勝手に勘違いしてただけなのか。

あれ?でも…
あなた

す、好きな人居るの?

夏くんには想い人が居るみたい。

やばい…泣いちゃいそう。


そんな…夏くんに好きな人が居たら…
夏
どうしてそんな顔するの?
あなた

だって…だって…

夏
俺の好きな人はよく、百面相するんだ
突然夏くんの口から告げられる好きな人のこと。
それが、私を追い込むのは言うまでもない。
夏
それに、勝手に先走ってしまう癖もある
耳を塞ぎたくなる。

聞きたくないよ…夏くん…
夏
俺の好きな人は今でも泣きそうな顔をしてる
そして、夏くんは私の顔を持ち上げる。
夏
俺の好きな人は笑顔がすごく似合う人。
ほら、笑って?
私のほっぺをムニムニする夏くん。

その顔はいたずらっ子のようだ。
夏
春…ずっと好きだったよ。
あなた

夏くん…?

私は思いもよらなかった夏くんの言葉に目を丸くする。
夏
今も昔もずっと好きだったのは春。君だけだよ
夏くんのその言葉に視界がぼやける。

だってそれは、私の思い違いで無ければ夏くんも私のことが好き。

すなわち、両想いだということ。
あなた

うぅっ…夏くん…私も好き…

子供のように泣く私の、頭を撫でる夏くん。

私…結局遠回りしてただけなんだ…
安心と嬉しさで益々涙は溢れるばかり。

その間もずっと頭を撫でてくれる夏くん。
夏
春?こんな俺だけど付き合ってくれますか?
なんだかプロポーズのように言う夏くん。

私は夏くんがいい。
夏くんの優しさも笑った顔も。
少しいじわるになる所も無邪気な顔も。

全部全部好き。

溢れ出るこの気持ちに詮ができない。
あなた

こっちのセリフだよ?
私は夏くんがいいです!

私がそう言うと、私と夏くんはお互い笑いあった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Mr.すー🐻
入賞者バッジ
Mr.すー🐻
高校生( ¨̮ ) 小説書くのも読むのも大好きです😯💭 恋愛モノを中心に書きます:) お気軽に読んでみてください( .. ) 心に染みる小説を書こうと思ってます☆*。 1人でも多くの方に読んでもらえると嬉しいです゚・*:.。❁ 応援よろしくお願いします( ¨̮ ) お気軽に感想などよろしくお願いします.*・゚ 待ってます( .. )