プリ小説

第16話

幸せの時間
ピピピッピピピッ…


母「春〜。今日は、夏くんとデートなんでしょー?早くしないと彩月ちゃんも来ちゃうわよ」



目覚まし&お母さんの声で私は目を覚ます。

私はベットの上で大きく欠伸する。



今日の天気は文句なしの晴れ!

初夏の日差しが心地よい。


今日はとびっきりのデート日和なんです!



朝ごはんを食べ終え、歯磨きと顔洗いをする。

すると丁度いいタイミングで…
彩月
彩月
お邪魔します
彩月ちゃんが来てくれた。
あなた

おはよう!彩月ちゃん

私は彩月ちゃんを自室まで案内する。

デートなんてもの知らない私に彩月ちゃんが色んなアドバイスをしてくれる。


こう見えて彩月ちゃんは年上の彼氏持ちだったりする。

デートなんて慣れっこなんだから。
彩月
彩月
そうね…とりあえずコレとコレ。
その服装で行くこと。
彩月ちゃんが私のクローゼットから取り出したのは、パステルカラーの淡い青のワンピースに
白いカーディガン。
そして、何やら彩月ちゃんはバックの中を
ゴソゴソしてます。
彩月
彩月
よし。次は化粧!
何と、大量の化粧品を持ってきていた彩月ちゃん。

だけど、化粧経験のない私にとってはどれも
無名の謎多き道具。
彩月
彩月
春は元々可愛いから、ナチュラルにする。
そう言い、私を座らせ 手際よく化粧をしてくれる彩月ちゃん。
彩月
彩月
よし!完成!
鏡に映った私の姿を見る。
あなた

ええっ!?

今までの私と違う。

化粧ってすごい。
そして、彩月ちゃんに選んでもらった服を着て、準備は満タン!
あなた

彩月ちゃん!本当にありがとう!

私は玄関で彩月ちゃんにお礼を言う。

本当にここまでありがたい。
彩月
彩月
いいの!それより頑張るんだよ?
私は、うんっ!と答え、彩月ちゃんは
帰って行った。

今度彩月ちゃんにお礼をしようと考え、
私は迫り来る時間に慌て、駅まで急いだ。
どこまでも続く青空の下を私は歩く。

真っ白な雲と真っ青な空の比率がとてもよくて
すごく綺麗。


まるで、雲の上から見た、海のようだ。
夏
春!
駅の入口に着くと、そこには私服に身を包んだ
夏くんの姿。

やっぱり夏くんは何着ても似合っちゃう。


今日はTシャツにジーパンっていうラフな格好だけど、夏くんが着たら凄く似合う。
あなた

お待たせっ!

夏
ううん。
それじゃぁ行こっか?
私達は肩を並べて、駅の中へ入ってく。

初デートが始まる。

この時私は、期待を胸に膨らませていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Mr.すー🐻
入賞者バッジ
Mr.すー🐻
高校生( ¨̮ ) 小説書くのも読むのも大好きです😯💭 恋愛モノを中心に書きます:) お気軽に読んでみてください( .. ) 心に染みる小説を書こうと思ってます☆*。 1人でも多くの方に読んでもらえると嬉しいです゚・*:.。❁ 応援よろしくお願いします( ¨̮ ) お気軽に感想などよろしくお願いします.*・゚ 待ってます( .. )