プリ小説

第20話

母親の強さ
やっと俺自信も落ち着いてきた。

俺はスマホを取り出して 春のお母さんに電話をかける。


春母「あらー!夏くん!デートは楽しんでる?」


現実を知らない春のお母さんは俺にそんなことを聞いてくる。

言いたくない。

春が、今、病院で手術を受けている。なんて言いたくない。


元気でいつも笑顔が、絶えなかった春のお母さんの悲しむ顔なんて見たくなかったから。
夏
春が…車に轢かれて……
今、病院で手術を受けてます
俺がそう言うと、春のお母さんは何も言わなくなる。


春母「ど…どこの病院…?」


いきなりで、びっくりしてるのかしていないのか。

春のお母さんは病院の場所を聞いてくる。

夏
〇〇病院です
俺が静かにそう告げると分かったわと言い、
電話を切る。


その後、俺の母さんにも電話を入れ、暫くすると 春のお母さんと一緒に病院へ来た。


俺の母さんと春のお母さんは、幼馴染。

だから昔も今も仲は凄くいい。



よく、会ったら朝から夕方まで語りっぱなしの時もあったほどだ。


春のお母さんが俺に歩み寄る。

絶対に怒られると思った。


だって俺が春をこんな風にあわせたのも同然だから。


俺はずっと1人で抱え込んでいた。

もしあの時、俺がトイレへ行かなかったら。

プラネタリウムになんて誘わなかったら。


どんどん押し寄せてくる後悔が俺の心を飲み込もうとする。


春母「ごめんね…怖い思いさせちゃって。」


だけど、春のお母さんの口から出たのは思ってもいなかった言葉だった。


春母「私、諦めないわよ。だってあの子は強いから…」


俺は、無理して笑う春のお母さんの言葉とは裏腹に、震える体を見逃さなかった。


だけど、母親の強さを感じされられた。


夏母「花…」


花とは春のお母さんの名前。

俺の母さんが春のお母さんの背中をさする。



頼む…春。

戻ってきてくれ。


春の帰りを待ってる人がここにいる。



俺は、神様にお願いした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Mr.すー🐻
入賞者バッジ
Mr.すー🐻
高校生( ¨̮ ) 小説書くのも読むのも大好きです😯💭 恋愛モノを中心に書きます:) お気軽に読んでみてください( .. ) 心に染みる小説を書こうと思ってます☆*。 1人でも多くの方に読んでもらえると嬉しいです゚・*:.。❁ 応援よろしくお願いします( ¨̮ ) お気軽に感想などよろしくお願いします.*・゚ 待ってます( .. )
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る