無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

変わらない
129
2017/11/07 08:37
私とはやとがであったのは病院だ。
私たちの病気は「感染症」だった。0~9歳が
感染するもので致死率80%
そこの病院には120人がかくりされていた。
そこで仲がよかったのが私とはやととさきだった。
治療して結局治ったのが5人。奇跡的に私とはやとが
助かったのだ。でもさきが…
はやと
あなたは再発へーきなの?
あなた

大丈夫。あれから感染してない。

はやと
そっか
あなた

はやとは?

はやと
あなた

えっ?感染したの?

はやと
あなた

お願い!いって!

はやと
小6のとき
あなた

それっ…うちらが別れた時期じゃん。

はやと
うん。
なきそうだった。
はやとが…言ってくれなかったことに悔しくて
あなた

もしかして、
私に心配かけたくないから?
だからいわなかったし別れたの?

はやと
あなた

そんなん、優しさでもなんでもない。
心配かけあって助け合うから
付き合ってたんじゃないの?今まで、
一緒にいたのはなんだったの?

はやと
あなたでも、どうせそうするだろ?
あなた

そんなんわかんないよっ…!
けど、今でもはやとのことが好き!
今でもはやとのこと思ってる!
どんだけ月日がたっても
それだけは変わらないよ?

沈黙が続いた。
はやと
あのさっ…


続く