プリ小説

第3話

三年前



黒尾side







美雨は覚えてないかも知れないけど、俺達は初対面ではない。


同じ中学出身で、実は一度だけ委員会が一緒だった。




三年前ーーーー






「はぁーダルい…」



「てか他のやつどこ行ったよ…バックレたな……」




「すみません、遅くなりました。

……あれ?」



一人ホチキス留めしてる俺に、目を丸くする後輩。


「これ、今日の仕事だって。プリント留め」


「キミも面倒でしょ?俺やっとくから帰んなよ」



「…え……?」



「部活とか予定とかあると思うし」



「あ、別に言いつけたりしないしご心配なく。」





「そういう問題じゃありません。
これ、今日の仕事なんですよね?だったら尚更帰れません。」




「それに、一人より二人のほうが早く終わるじゃないですか。部活、行きたいんですよね。」







本当この後輩は………





「サンキュー、みう」



「どういたしまして」



この日初めて、俺は後輩の名前を呼んだーーー










「黒尾先輩ってバレー部の部長なんですね。
見えない」


「馬鹿にしすぎでしょ、これでも頼れる部長なんだけどな俺(笑)」




「今度部活観に行ってもいいですか?」


「えー照れて集中できない」

「嘘ばっか。」



「嘘だけど(笑)部活、観に来て」



「はい、絶対行きますね。」








だけど、この約束は果たされないまま中学を卒業。
そして、三年の月日が流れたーーーー





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

nari
nari
 
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る