無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

中学校3年生の終わり
二人はもうそろそろ中学校を卒業します。
そんなある日。
二人のお母さんは電話をしていました。




(崇ママ)ななちゃんはどこの高校に行かれるんですかー?

(ななママ)うちのとこはね、〇〇高校に合格したって言ってましたよー。

(崇ママ)〇〇高校?うちのとこも合格したって言うてましたよ!

(ななママ)そうなんですね!


なんと二人は同じ高校に合格していました!
すごい奇跡ですね!
中学校を卒業するまであと1ヶ月…
この事はまだ二人とも知りません。
一体どうなるんでしょうか?