プリ小説

第2話

~紹介~




♪~♪~ ピッ
(愛)もしも/
(?)愛華!大変なの 今すぐ倉庫に来て!
(愛)わかった今すぐ行く

今の時間はPM11時 こんな時間に攻めてくるところは
たぶん汚い手を使ってくる族だろう

私は急いで黒のパーカーを着てフードをかぶり
バイクにまたがった

3分ほどして見えてきたそこら辺のとは規模が違う
デカい倉庫ここが私たち蘭蝶の倉庫!

オヤオヤ倉庫の前に人だかりができてる!
近くでその中心にいる人たちを見て声をあげた
(愛)シュウ!ハル!何してるの!?
2人は動きを止めた
(愁)(波) ・・・
(愛)とりあえず中に入ろう?ね?
(愁)(波) うん…
野次馬たちにも帰ってもらい何が起きていたのか説明をを美鈴にしてもらうことにした

葉山 美鈴 misuzu-hayama
葉山財閥の令嬢 世界No.3
蘭蝶の姫
愛華の親友
蝶姫

三波 愁 syuu-minani
三波財閥の御曹司 世界No.5
蘭蝶の幹部
可愛い系女嫌い(愛華と美鈴は大丈夫)
蝶冷

名雲 波流 haru-nagumo
名雲財閥の御曹司 世界No.6
蘭蝶の幹部
可愛い系甘えん坊
蝶飛

嶋永 誠 simanaga-makoto
嶋永財閥の御曹司 世界No.4
蘭蝶副総長
腹黒メガネ
蝶黒

そして私蝶舞の5人そして下っぱ君達で構成してるんだ
おっと話がそれたね

(美)えーとですね私と問題の2人でお菓子を食べてたんたのそして最後の1個になって~…
(愛)2人が喧嘩をし始めたのね…
小学生の喧嘩かよ!
でも誰も怪我してなくってよかったニコッ
(愁)(波)うん… ごめん

(愛)いいよ!
私明日から学校だからもう帰えるね
(愁)(波)(美)うん!バイバイ!


そして家に帰って寝た

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

RARA
RARA
マイペースに頑張っていきます。 経験浅いです。 コメントよろしくです!! セカオワと米津玄師と伊野ちゃん大好きです! 銀魂等々のアニメも好きです笑笑