小説更新時間: 2023/08/10 13:07

連載中
シルバー

幻怪のユートピア

幻怪のユートピア
  • ファンタジー
  • オリジナル
  • デイリーランキング最高 5 位(オリジナル)
世界一怪異が出ると言われる町、白砂町。

そこに引っ越してきた青年、甲斐晴人は、なにかに見られているような感覚に日夜悩まされていた。

個性的なクラスメイト達の中の一人の男子に薦められ、お祓いのために町外れの神社に行くと、そこには沢山の怪異に囲まれる、クラスメイトの女装少年がいて──

「僕は万城瑞月。万城神社ただ一人の巫子にして、怪異と人間の仲介屋だよ」

妖怪、幽霊などの怪異たちと人間の共存を夢見る瑞月に巻き込まれ、助手役になるはめに!?

妖しく恐ろしく愉快な怪異を巡る、悲喜こもごもの現代和風ファンタジー開幕。

チャプター

全11話
31,948文字
冬林檎
チャレンジ作家バッジ(シルバー)

冬林檎

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る

公式TikTokの注目動画

もっと見る