無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話
~朝のHR前のあなたの教室~






学校に着いた後、遥は職員室に用事があるようで「先に行ってて」と言われてしまった。






まぁ、転校生なんだから仕方ないっちゃ仕方ないんだろうけど…。
あなた

あー…ここ、クリア出来ない……。






攻略サイト見たい衝動にかけられるが諦めた。







なぜなら…。
荒川先生
はーい、皆まだHRの時間じゃないけど席についてー。
大事なお知らせがあるから。




私の担任の荒川 愛美(あらかわ めぐみ)先生が邪魔をしたからだ。








そして淡々とこう語る。






荒川先生
今日からこのクラスに転校生が来ることになりました!
それじゃあ…入ってきてー。



こんな時期に転校生かって思っていたが、遥が今日からこの学校に転校してくるのだ。







別に転校生の1人や2人日にちが被ってもおかしくない。






そして、顔を出してきた転校生っていうのが…。







失礼…します。








……遥だった。
あなた

このクラスに転校することになったんだ、遥。








少し驚いたが別に大したことではない。








…と、思っていると。