無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

19話
本当につくづく思う。








私は弱虫で泣き虫だ。




……あ、そう言えば…さっきの答え、まだ待っていて貰ってもいいかな?






遥に沢山迷惑かけているのにその本人は全く気にしていないのか話を普通に持ちかけてくる。




あなた

さっきの話って…?






涙を制服の裾で拭いながら問いかける。





ほら、さっき皆の前で言ったやつ…。
僕があなたのことが好きだって話。
あなた

あ…。






すっかり忘れていた。






前回の岩田先生の告白と違い心が嬉しさで満ち溢れたあの告白。









でも、それを恋と呼べるのであろうか?






その答え…文化祭終わってからでいいよ。






文化祭といったら…あと2ヶ月後だ。










それまでに遥にきちんと自分の気持ちを伝えないと。




さっきも言ったけど…僕はあなたが好きだから。
あなた以外の人を好きになる予定はないからね?





物凄い恥ずかしいこと言うな…遥。




あなた

私…まだよく分からないんだよね。
遥といると…なんて言うんだろう?
安心するって言うのかな…もっと傍にいたい、遥と一緒にいる時は生きていてもいいんだなって感じるんだよね。






私は今思っていることを遥に思っいっきりぶつけてみた。








あなた

ねぇ、遥ならこの気持ち…わかるよね?
どんな言葉で表せるか…ってわかんないよね。







自分が分からないことを相手に言ってもきっとわからないだろう。





僕わかるよ…今あなたがどんな気持ちなのか。
あなた

ほ、本当?






なら今すぐにでも教えて欲しい。









このもやもやした気持ち…なんなのか。





でも…僕からはその答えは教えられないな。
この2ヶ月…まずは自分で色々と調べてみたらどうかな?






…やっぱり、まだ遥のS系が完全に抜けていないのだろうか?









でも、確かに人に答えを求めるのは面白くない。





あなた

…わかったよ、私…頑張って調べてみる!

うん、期待しているよ。







本当は…教えて欲しい。











でも、もう少し自分の心ときちんと向き合う必要があるから。












頑張って見つけてみるね。











この気持ちの正体。