無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

君じゃなきゃ
それからあなたは、ちゃんと笑うようになったが、翔真との接し方は変わっていた。
それでもあなたは少しでも隣にいれて話せれば…という気持ちから翔真が桃奈とのノロケ話と相談にのっていた。
あなた

…よかったじゃん!初彼女!

翔真
何か怒ってる?
あなた

別に怒ってないよ

翔真
俺言わねー方がいい?桃奈との事
あなた

…。そ、それは…とにかくさ!私も新しい恋つくって翔真超えてやるんだからー!笑笑

翔真
、、まぁそれは無理だろなw
あなた

な、なんだとー!このやろ…

桃奈
翔真君、ちょっといいかな?
翔真
おう!
じゃまたな
あなた

う、うんまたね!

花美
…あなた
あなた

へ?あ、花美!

花美
最近あなたの笑顔見てないんだけど、何があったの?
あなた

…私ちゃんと笑ってるよ?

花美
あのねー笑顔ってのは心から笑うもんなの!
あなた

大丈夫だよ?元気元気!
てか次体育だし早く行こうよ!

花美
あ!ま、待ってよあなたー!





体育の授業。
バスケットボールだった。





ダムッダムッ…バスッ‼
ピー!
翔真
っしゃー!
派手な女子達
キャー!カッコイイよ翔真ぁぁ!

流石翔真ぁ!
あなた

…(昔から運動神経良かったもんなぁ)

友達1
あなた!パス!
あなた

あ!はい!

花美
いっけー!あなたー!
あなた

ハァ…ハァ…

このとき、あなたの頭の中には
あなた

(「俺さ、前から気になってたんだよな〜」
「桃奈可愛すぎじゃね?笑笑」)


(嫌だ、一人にしないで。私が素直になってたら…隣にいたのは私だったかもしれない。辛い。苦しい。聞きたくない。私だけを…)

あなた

…っ

バタンッ
花美
…え?あなた…キャァァァ!
あなた

(私…倒れた…?ヤバイ、意識が…気持ち悪い痛い苦しい助けてっっ!!!)

スッ
誰かに持ち上げられた気がしたが、あなたの意識はそこで途絶えた。
あなた

…んっ

??
…!あなた
あなた

…ここっ…は?

目がぼやけて誰か分からなかった。
??
…もう大丈夫だ。
あなた

この声っ…し、翔…真…?

翔真
先生と花美に意識戻ったって伝えてくるな
あなた

…ありがとう…イテテ

あなた

(あの時の私、どうしたんだろ)

花美
ドタドタ…


は!あなたー!
意識戻ったようだな
あなた

花美…色…ごめんね心配かけて。

花美
びっくりしたんだからねー?あの時、急に倒れて先生呼ぶ前に誰よりも早くあなた助けにいったのが翔真でさー
あなた

…へ?翔真が?

花美
うん!お姫様だっこで♥…でもそれ見て桃奈ちゃんが泣くっていう修羅場になったけど、お構いなしにあなたを保健室に運んでくれたんだよ?優しいね。
あなた

…なんでっ…ウッ…

あなた

付き合ってるなら…彼女優先でしょ普通っ…何でいつも…私を助けてくれるのは翔真なの…?ウッ…グスッ。。

あなた…。
花美
……
とにかく!あなたはまだ安静にしてるのよ?ほら行くよ色!
あ、あぁ
花美
じゃあねー
あなた

うん。2人ともありがとね…

あなた

…はぁ

あなた

(やっぱり、君じゃなきゃダメなんだな…)