無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第40話

救いの手
そして、体育祭を迎えた。しかし、午後から雨が降る予報だったので、個人種目は無くなりリレーや組体など全体に関わる種目を午前中で終わらすという日程になった。





あなた

はぁ…最悪

花美
本当、最後の体育祭がこんなんでいいわけ?
あなた

…ていうか、先生いっぱい後ろにいるしこれじゃスマホ出せないねボゾッ

花美
後でこっそり撮ろう笑
陽希
あなた〜そろそろ生徒会集まれって
あなた

は、陽希!今の話聞いてた?

陽希
何の話?
花美
聞こえてないみたいね笑
陽希
お前ら良からぬ事をしてたな…?笑
あなた

なーんでもない!行こ!

陽希(はるき)は、あなたと気の合う友達。
















そして、生徒会での出来事…。
陽希
うわっ
あなた

え?

陽希
は、旗の棒が…折れた…
陽希が種目で使う国旗の棒を持っていたら折れた。
あなた

えぇぇ!?

男子
陽希やらかしたぞw


おいおいw
あなた

せ、先生どういう事!?

先生
あー…先生も見た時にちょっとひび入ってたしなぁ
あなた

え…危ないじゃん!何ですぐに取り替えなかったの!?

先生
とりあえずこうして……と!これで何とかしのごう!
どうにか使えるようには出来たが…。





陽希
……まじか
あなた

…陽希

陽希
どうしよ弁償とかなったら笑
あなた

大丈夫だって!元々ひび入ってたんだし陽希は何も悪くないって!

陽希
…そうだな笑
あなた

わっ…っっ!

急に足が攣った。
陽希
え?どした?
あなた

あ、足が攣ったぁ笑

陽希
大丈夫か?立てる?
あなた

〜っっ…だ、大丈夫!しばらくすれば治るはず!

陽希
…そうか。良かった笑
そう言うと頭を撫でられた。
あなた

…?















足も治り、体育祭は終わりを迎えた。







あなた

はぁぁぁ…優勝出来なかったかぁぁ…

花美
ね。でも楽しかった!
クラスも盛り上がったしな
あなた

うん!(…でも)

あなたはチラッと翔真を見た。
翔真
百合香〜雛乃〜写真撮ろ!
百合香
とろとろ!
雛乃
最近3人でいるの多いよねー
あなた

…(せっかく盛り上がってたんだし気にしない方がいいよね)

あなた

ふぅ。…よし!片付け!

生徒会は遅くまで片付けをする事になっている。







そして3時半頃にようやく終わり、帰ろうとした。
あなた

…ん?

百合香
ハイチーズ!
雛乃
ちょっと待って翔真の顔w
翔真
キス顔的な?笑
雛乃
えー!キスの練習してるのー?w
あなた

……

あなた

(やっぱり見ると無理だな…キツイ)

あなた

はやく帰ろっ…









気持ち的にも沈んでしまい、トボトボと歩いて帰った。すると…













陽希
あなた?自転車乗らねーの?
あなた

陽希!?

陽希
あ、もしかしてまだ足痛むのか?
あなた

ち、違う!…乗るってば!

あなたは急いで自転車に乗り、陽希を追った。

そこから2人で帰った。他愛のない会話を交わし、ふざけ合い、笑い合い、少しの時間だったが楽しい時間になった。








あなた

(…陽希のおかげでちょっと元気になったな…ありがとう)

もし陽希がいなくて、1人で帰っていたら笑えなかったかもしれない。救ってくれたんだと心の中でそういった。