無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

過ごした時間
体育祭当日。


















しかし…
先生
せっかく朝早く来て準備してくれたんだが、雨が降ってきたので、明日に延期になった。
あなた

えーー!

花美
嘘でしょ…
てか明日も曇りだし意味ねーじゃん
男子
んだよもー

今日の気分だったんですけど

しかも授業!?ないわー
派手な女子達
帰ろ帰ろ、授業とか無理

せっかく髪頑張ったのにぃ〜

明日も髪セットしなきゃいけないじゃぁん
あなた

(いや髪とかどーでもいいでしょ…笑)

あなた

(…雨か。明日グラウンド濡れてるかもなぁ)













延期の代わりに授業があり、頭が回らない状態で何とか1日を終えた。
あなた

ね、眠い…

花美
あなた!帰ろ!
あなた

帰ろ!

花美
明日雨だけは振らないでぇ…
あなた

本当だよ。これ以上延期にされたら泣く笑

花美
最後の体育祭なのに、最悪だよほんと。
あなた

ね。笑

あなた

(…あ。)

翔真のクラスの前に、雛乃と百合香が翔真を呼んでいた。
百合香
翔真、帰ろ!帰ろ!
雛乃
帰ろ!帰ろ!
翔真
来ると思ってた笑
雛乃
なにそれきも笑
翔真
なんでだよw俺もお前らのとこ行こうとしてたら来たんだもん笑
あなた

…っ

花美
あなた?
あなた

行こ。

翔真をなるべく見ないように俯きながらスタスタと早歩きですれ違い、そのまま2人は帰っていった。






あなた

…明日皆で写真撮ろうね!

花美
うん!携帯持っていくよね?笑
あなた

見つからないように電源オフにね笑

花美
おっしゃ笑
あなた

(…翔真と撮れたらいいな)

そんな事を考えながら家へと帰った




あなたは携帯で○nstag○mを開いた。


すると、
あなた

…ん?

投稿には、翔真と雛乃、百合香が笑い合って話している動画が載っていた。しかも、
あなた

……これ、百合香か雛乃の家…?

翔真は、その二人どちらかの部屋で遊んでいた。しかもベッドに座って話していた…。
あなた

…家…

あなた

(…って事はああいう事もしててもおかしくないよね…?)











あなたは急いでイヤフォンをつけ、音楽を聞いて寝た。
あなた

…ウッ…グスッ…ウゥゥ…





涙が止まらなかった。
あなた

(大嫌い…嫌い嫌い嫌い嫌い!)

あなた

(都合のいい女?私にピッタリな言葉じゃん。なんなの?あいつは私の事何とも思ってないくらい分かってた…分かってたけど…)

そこまで考えると、涙が落ち着いた。そしてこう思った



















あなた

(それでも…イケない事したのは変わりない…けど…過ごした時間は幸せだった…)

あなた

…最悪最低だ…私







最悪な気持ちのまま、明日を迎えた。