無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
あなたには幼馴染みの歩斗がいた。
野球バカだから野球ばっかりで
普段はそんなに遊べないけど、
初めて出来た男友達だから、
すごく大事にしてる。
あなた

あーゆと!再来週試合だよね!
応援行ってもいいでしょー!

歩斗
暇人かよ。まぁ応援してくれるならいいけど。
歩斗はツンデレだから、
目を逸らしてそう言った
そして1週間後、試合が迫ってる中
あなたのクラスには一人の転校生が来た。
先生
紹介する。転校生だ。ほら、挨拶!
翔真
初めまして、山口翔真です。
よろしくお願いします!
見た目は、背はこのクラスでは1番高い。
顔もイケメンだ。
あなた

(ふーん、でも仲良くならない気がするなぁ)

あなたはそう思っていた。この時までは…
放課後、あなたは部活が予定よりも早く終わり、
野球部の様子を少し見る事にした。
すると、何やらザワザワしていた。

そこには、立ち尽くす歩斗の姿もいた。
あなた

歩斗?どうかしたの?

歩斗
……。翔真が凄いんだ!
入部してすぐにレギュラー獲得だぞ!?
あなた

えっ、翔真って、転校生クン??

実は翔真は、向こうでも野球をしていて、
1年生の時からレギュラーだった。
翔真
歩斗〜!ボールそっちに……って、
誰だよそいつ。
あなた

あっ、ごめん!邪魔だったね!
もう帰るね!バイバイ👋

翔真
あっ……
あなたは早歩きでその場を去った。
翔真は何か言いたそうだったけどね
翌日、教室のドアを開けると、
そこには歩斗と翔真が
あなたの席に座って話していた
あなた

あ、あの〜これは…

歩斗
あ、あなた。おはよ
翔真
おはよー!昨日もっと見てれば
良かったのに!あなた!
翔真は馴れ馴れしくあなたと話してる事に違和感があった
あなた

翔真……?で、いいのかな(汗)
びっくりしたよ!歩斗とこんなに
仲良くなってるの!

翔真
だろー!俺フレンドリーだから
すぐ仲良くなるんだよ。
あなた

自分で言うな

歩斗
自分で言うな
アハハハと笑い声があがり、
それからずっと3人と一緒だった。

まさか、あんな事になるなんて
思いもしなかった