無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

恩人
あなた

どういう事翔真!ちゃんと説明して?

翔真
あなたがまっすぐでいるから俺もまっすぐでいたい…ってさっき言ったろ?それって色が今までずっと中途半端でいたって事で、それをあなたが変えてくれたってなるだろ?
中途半端は余計だ。
翔真
話聞けっての!…で、それは好きな人じゃなくて、大きく言えば人生を変えてくれた人で「恩人」って意味じゃねーの?
花美
恩人…。
花美
…でも色はあなたといると顔赤くなったりずっとあなたの事考えてたよ?
あなた

え///そうだったの?

……///
翔真
それは何か恩返し的な事したかったんだろ
花美
恩返し?
翔真
自分を変えてくれた人だから、次は俺が助ける番だ!的な?赤くなるのはまぁ…あなたが無意識に男子を意識させるような事したんだろww
あなた

はぁぁ!?してないよー!

翔真
例えば、思った事すぐ口に出したり?服装がエロかったり?w
(…「抱きしめられた所が熱いんデスけど」って言ったのも、無意識で言ったって事か?押し倒した時も、たしかに部屋着で下着が透けてたし…)
花美
…じゃあ、ショッピングモールであなたが襲われた時に「俺にとって大切で好きな奴なんだ」って言ったのは…?
翔真
んー。俺さ、花美の事嫌いじゃねーじゃん?それと同じ感覚じゃないのか?嫌いではないから好きって言ったとか?
…すげーな翔真。全部合ってる
あなた

え?

花美
え?
翔真
フッフッフ★だろぉ?
確かにあなたは俺にとって大切な存在だ。でもそれは花美とは別の想いだったんだなー。って翔真に気付かされたよ。
あなた

じゃあさっきの好きって言ったのは、翔真の言うとおりの意味って事でいいの?

ああ。
花美
…じゃあ、私とまだ付き合ってくれる?
まだ、じゃなくてずっと!
花美
!!!〜〜っっ色ぃぃぃ///!
花美は色に勢いよく抱き付いたが、色は耐えられず床に倒れた。
ちょっっ!重いぞ花美!
花美
えへへ笑
翔真
コソッ(あなた、2人きりにしよう。行くぞ)
あなた

(!…そうだね!)

翔真とあなたは、静かに屋上を去っていった。








あなた

翔真すごいねー!色の本当の気持ちに気付けるなんて!見直したわ〜

翔真
あいつ分かりやすいじゃん笑
あなた

クールな人ほど恋愛には弱いもんねー

翔真
…お前俺の事好きなの?
あなた

…は!?

翔真
さっき色に言ってただろ?
あなた

あっ………

「私は翔真の事が好き」
あなた

あ、あ、あれはっっ///

あなた

別に嫌いじゃないけどね!?!?……じゃ、じゃあ教室戻るわ!!

翔真
……ったく笑(あなたの方が分かりやすい笑)
あなた

…ふぅ。危ない危ない

あなた

…(てか、私翔真の事好きなのかな…。さっき翔真が言ってた事。私も翔真のおかげで今があるんだけど…どうなんだろ?)

花美
あなた!
あなた

花美!…と、色まで?どうしたの?

…ごめん。
花美
ごめんね
あなた

え!?

すげー迷惑かけて、ほんとに悪かった。
花美
私も親友なのにあなたを疑ったりしたの。本当にごめんなさい。
あなた

ちょちょちょちょっと待って!?何で謝るの?私は迷惑どころか嬉しかったよ?

花美
…え?嬉しかった?…なんで?
あなた

2人共さ、見た目は本音で話してるんだけど、実はそうじゃなくて…何か私には、何か心の中に言い残してる事があるのかなって思う時もあったの。だから今日それが伝えられてほっっんとに良かったって思って、2人の本音が聞けて嬉しかったの!

花美
…あなた!
…いい親友持ったな
花美
…うん!グスッ
あなた

えへへ笑