無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

5年
それから5年。
みきぽん
ほら!あなた!
ちゃんと制服きた?
入学式で恥かくわよ!
あなた

いやぁ!笑笑

シルク
とうとうあなたも入学式かぁ。
みきぽん
ほら!諒希も!
3人が家族になってから1年後
あなたに弟ができた。
名前は諒希(りょうき)。
俺の諒にみきの希。
オレみたいに元気で
みきみたいに優しい男になってほしい
って意味でってあなたがつけた。

明日で4歳になる。
今日入学式のあとにお出かけする予定なんです。


ピ-ンポ-ン
シルク
はーい
ンダホ
きたぞ!
シルク
わざわざありがとな笑笑
みきぽん
シルクも免許とればいいのよ。
ごめんねンダホ君
ンダホ
いえいえ笑笑
それより!あなた!
中学入学式おめでと!
あなた

ありがとう!

ンダホ
あんなに小さかったのにね笑笑
シルク
ダンボールに入るくらいのね笑笑
みきぽん
そんなこと言ってないで!
早く行こ!


あのときあなたが俺のとこに来てなければ

今の幸せはきっとない。

それにあなたもきっと辛い思いを

したままだろう。

みきとも結婚できてないし、

諒希とも出会えてない。

あのときあなたが来てくれたおかげ。

ありがとう。あなた。

これからもよろしくな。


こんなの俺らしくねぇけど笑笑



入学おめでと。あなた。






END