無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

心配
それから全員集まって

わけはなして

ゲーム中。

夜だからあなたは寝ちゃったけど・・・
ダーマ
ほんとにアイツと一緒に暮らすのか?
モトキ
いいんじゃない?かわいいし(*´`)
ンダホ
でも、心配だよね。
ぺけたん
なにが??
マサイ
あなたの親が来ること?とか?
もし、あなたの親がここにいることを知ったら、ここに来るかもしれないし、俺らも危ないけどあなたが一番危ない目にあう。
シルク
だからといってアイツを元の場所には戻せないだろ。
家よりまだここにいた方ましじゃねーのか?
叩かれたり蹴られたりするわけじゃねーし。
ザカオ
まぁな。
これからどうなってくんだろう。
あなた

ねぇねぇ。シルクぅ。お喉乾いた。

シルク
あーはいはい。ちょっと待ってろ
「ゴクゴクゴクゴク」
シルク
もう大丈夫か?
あなた

うん。おやすみ。シルクぅ。

シルク
おうよ、
ンダホ
か、かわいすぎ(///_///)





~作者から~
遅れてすみません!亀更新ですが許してね!

あと大体はシルクsideです!