無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

かぜ
あなたがきて数日がすぎた。
あなた

シルクぅ

シルク
ん?どした?
マサイ
あれ?あなた顔赤くね?
あなた

ふわふわするぅ

「ふらっ」
モトキ
わっ!
「すっ」
シルク
せ、セーフ😅あなた?
ンダホ
熱じゃない?風邪ひいた?
あなた

シルクぅ。苦しいよぉ(+_+)

シルク
あーー!どーしたらいいの?ちょ誰か
モトキ
あ、シルク冷えピタとか無いか笑笑嫌いだもんな
ンダホ
病院行った方がいいんじゃない?
マサイ
そうだな。
シルク
んじゃ俺とモトキ行ってくるから。ダホとマサイは留守番頼んでもいーか?
マサイ
おうよ
ンダホ
うん。
モトキ
まって、ンダホに車出してもらおうよ。
シルク
そうだな。頼んだぞンダホ号
ンダホ
はーいよ
あなた。もうちょっとだ。がんばれ。
あなた

う、うわぁーん。・゚・(ノД`)・゚・。

シルク
よしよし。