無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

こわい。
食事場所について
あなた

シ、シルクぅ。嫌。嫌。こわい。

シルク
どした?
あなた

ママ・・・

シルク
まま?
ママ
こんにちわ(*´ω`*)
その子をこっちによこして?
あなた

シルク!嫌!嫌!

シルク
あ、あのーすみません。どなたで?
ママ
あなたの母です。

ほら!いくわよ!あなた!
「腕をつかむ」
あなた

嫌!嫌!
痛い!はなして!

マサイ
あ、あのー娘さん嫌がってるので。
ママ
あなたたちが手なずけたんでしょ。
ほんとの母親は私。
すべての権利は私にあるの。
その子を渡さないとこの人の首切るわよ
「みきぽんの首の所にナイフ」
みきぽん
い、嫌( ;  ; )
ホテルマン
どうしました!

こら!そこの人!ナイフを下ろしなさい!
ママ
あの人たちが悪いわ。娘を返してくれないんだもの。
ホテルマン
事情は後で聞きます。とりあえずお母さん。こちらに。
ママ
なんで?娘を返してもらうだけよ。なんで行かなきゃならないの。
ホテルマン
いいから!
「ホテルマンに腕を掴まれる」
ママ
離してよ!
「別室にいく。」
シルク
あ、あなた。怪我ないか?大丈夫か?
ンダホ
食事中の方すみませんでした。
マサイ
お騒がせしました。
みきぽん
は、はぁ。
シルク
みきぽんさんも大丈夫?
あなた

怖かったぁ。うぇぇん(´;ω;`)

みきぽん
怖かった。

あなたちゃん。もう大丈夫だからね。うん。
シルク
どっちも無事でよかった。
ホテルマン
あのー。娘さんとつきそいで誰か一緒に来てもらってもいいですか?事情を聞きたいです。
シルク
はい。おいで。あなた。