無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

親子
ホテルマン
で、どうして娘さんがあなたといるんですか?
シルク
ある日俺の家におっきな箱が届いて・・・

((省略))
ホテルマン
なんか、本とかでありそうなお話で笑笑
シルク
でほんとなんです。証拠もあります。
おっきすぎてビックリして写真撮ってましたし。
ホテルマン
それで、なんで娘さんは帰りたくないの?
あなた

ママとパパに蹴られたり、叩かれたり。痛かったぁ。怖かったぁ(´;ω;`)

シルク
てなわけなんです。
ホテルマン
虐待か。  

ちょっと母親にきいてみます。
 
それから30分
ホテルマン
虐待ですね。
母親は逮捕になります。
もちろん、父親も。
それで娘さんをどうするかになったんですが。
シルク
俺たちが預からせてはくれませんか?
ホテルマン
預かるより、養子として引き取ってはもらえないですか?
シルク
よ、養子?
ホテルマン
はい。仮の親子より、ほんとの親子の方が娘さんがこれから物心ついてくのに少しは嫌な思いせずに過ごせるのでわと
シルク
分かりました。引き取らせてもらいます
あなた

シルク?ずっと一緒にいれる?ママのところ行かなくてもいいの?

シルク
うん!