無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

怪我
とりあえずひと段落してみんなのところに戻ってきた
ンダホ
よかった。
マサイ
連れてかれなくてよかったね
モトキ
もう安心だね
えっちゃん
逮捕されたわけだし
りっちゃん
うん。
みきぽん
うっ、痛い。
シルク
どした!
みきぽん
足捻ったみたい。
あなた

みきぽん大丈夫?

みきぽん
大丈夫だよー。静かにしてれば
シルク
とりあえず部屋戻ろ
 
部屋で
マサイ
マサイ's手当ー
『笑笑笑笑』
シルク
とりあえず落ち着いたみたいだし。
風呂でも行くか?
みきぽん
私、温泉入りたい。けどこの足だしな・・・
えっちゃん
明日の朝一緒に朝風呂行く?
あなた

あさぶろ?

シルク
朝お風呂はいるの
あなた

あなたもいく!

りっちゃん
んじゃ4人で行こうか!
でも、今日はみきぽんは安静ね?
みきぽん
はーい(´・ω・`)
シルク
よし!んじゃいくか!
ンダホ
あ。あのー
モトキ
帰りに飯、買ってきてもいいですか?
シルク
忘れてた笑笑

バイキングは明日のお楽しみで今日はおにぎりだな笑笑