無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

好きな人は・・・
みきぽん
好きな人はね・・・












マサイくん!
シルク
え?
みきぽん
カッコイイし、カメラ構えてる姿に惚れたんだー(*´ω`*)
シルク
ほ、ほんと?
みきぽん
ほんと!
シルク
((マ、サイ))
・・・
みきぽん
シルク?
シルク
へ?あ、がんばれよ!
みきぽん
なーんちゃって!嘘だよ!
シルク
はい?笑笑
みきぽん
だ!か!ら!  うそなの!
シルク
ん、んじゃだれ?
みきぽん
それはねーシルク!
シルク
お、おれ?
みきぽん
うん。


こんな私でよければ付き合ってください!
シルク
え、あ、おれも好きでした。
よろしくお願いします!
みきぽん
よかったぁ(*´ω`*)

あのね、マサイに相談してたんだー。どうすればいいかって
シルク
え?いつ?
みきぽん
昨日のんだほ号の中でー!
そしたら「俺がどうにかしますか?」って笑笑
シルク
((だからか。おれにあんな自信満々で大丈夫だ!みたいな事言ってたの))

最高の親友をもったな(ボソッ)
みきぽん
シルク?どした?
シルク
いや。それより、はやく鍵取りに行こうぜ。
そしてみんなに知らせるぞ!
みきぽん
うん!
「シルクが手を握る」
みきぽん
え?
シルク
いや?
みきぽん
嫌じゃないよ(*´ω`*)