無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

デート
マサイsaid


はーい。マサイです。
今日はねあなたとデートします。
シルク
んじゃーあなたをよろしくな
マサイ
まっかせっとけー。
あなた

まさーい(*´ω`*)

マサイ
いこうねー。
あなた

うん!
しるく!いってきます!

シルク
はーい。行ってらっしゃい!
ガチャ
マサイ
どこいくー?
あなた

んー。ちっちゃいおもちゃみたい!

マサイ
ちっちゃいおもちゃねー。
んじゃ、あのお店に行こ
最近あなたがはまってるもの。
それはミニチュア笑笑
ちっちゃいおもちゃでしょ?笑笑
ミニチュアドールハウスとか面白いみたい。
シルバニアとかも大好きだけど
もっとちっちゃいのがいいみたいです笑笑
マサイ
はい、ついたよー。
あなた

うわぁぁぁ!
すごーい!

マサイ
いいよーみてて。
そうえばもう少ししたらあなたの誕生日か。
何買ってやろう。

そう考えてる時にあなたをみたら
あるドールハウスを見てた。
マサイ
ぱんやさん・・・
そうえばこの前
「ぱんやさんになりたい!」って
言ってたよな・・・
マサイ
よし、このキットを買って
組み立ててあげよう。
あなた

ねね!マサイ!
このお家みて!
すごいよ!ちっちゃいよ!

マサイ
すごいねー。
あなた

まさい!

マサイ
ん?
あなた

これ、一緒に組み立てよ?

マサイ
でもまだあなたには難しいよ?
あなた

だからマサイに手伝ってって言ってるの!

マサイ
んー、じゃいいよ!
あなた

この駄菓子屋さんがいい!

マサイ
ずいぶん難しいのを選ぶね笑笑

よし!買って帰ろ!
あなた

うん!



そのあとあなたと2人で
3日くらいかけて駄菓子屋を組み立て
パン屋を1人で組み立て
誕生日にあげました笑笑



____________________

茜❤Fischer'sさんのリクエスト
「マサイと主人公のデート」でした!

まだまだリクエスト受け付けてるので
よろしくお願いします!