無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

入院
シルクsaid


最近あなたの様子がおかしい
あなた

ゴホゴホッ

シルク
どうしたー?
あなた

大丈夫だよー。

咳き込んだり、
食べたもの戻したり、
熱出したり・・・

流石に心配で病院に連れてったら・・・
先生
んー。軽い肺炎ですね。
(肺炎よくわかんないですけど、肺炎ってことで!笑笑)
シルク
そ、それは治りますよね?
先生
まだ小さいので少し様子見で
入院してもらいますけど、熱だけ下がったら
あとは通院になります。
シルク
よ、よかった。
あなた。少しのあいだちょっとだけ
バイバイだけど頑張れる?
あなた

いやだぁ。

先生
泊まることも可能ですよ
シルク
あ、そうなんですね。
わかりました。
先生
今日から入院しましょ。
シルク
はい。
病室で
あなた

ここどこー?

シルク
ここはね、病院って言うんだよー
あなた

お泊まりー?

シルク
んーまぁ、そうだな
あなた

やったー!

シルク
ちょっとだけお留守番できるか?
あなた

ここに?

シルク
そう。一人だけど大丈夫か?
あなた

うん!

シルク
じゃあちょっとまっててな
それから30分。
シルク
ただいま。ってマサイいたんだっけ
マサイ
おん。どうした?あなたは?
シルク
入院だって
マサイ
そんなに悪いのか?
シルク
軽い肺炎だって。熱下がるまでの間入院だって。そのあとは通院だって
マサイ
そうなのか
ブーブーブーブーブーブー
シルク
📞もしもし
先生
📞〇✕病院の〇〇ですが、あなたさんのお父様ですか?
シルク
📞はい
先生
📞あなたさん。泣き出してしまって戻ってきてもらうことは可能ですか?
シルク
📞ちょっとまってください
シルク
マサイ今から暇か?
マサイ
おーうん。一応。
シルク
病院行けるか?
マサイ
もしかして、あなた泣いてんのか?
シルク
そう。今すぐ戻ってきてって先生言ってるから。でも俺用意してかなきゃだからさ
マサイ
分かった。〇✕病院だよな?
シルク
おん
マサイ
おけ
ガチャ
シルク
📞あ、もしもし。俺の友達が今そっちに向かったので
先生
📞わかりました。
プツッ
シルク
はやく用意して行ってやろう。