無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

バレンタイン
【お た の し み ☆】←

※付き合ってる

※じんたん目線

※ネタ

-
じんたん
テオくーん
今日はバレンタイン!

もちろん、俺はテオくんに
チョコを作ってあげました✨

編集で忙しいテオくんに
俺の手作りチョコを…………
テオくん
なにー?

テオくんが部屋から出てきた。
じんたん
ジャッジャーン!
チョコ作ってきましたー!
テオくん
えっ!?
じんたんが!?
じんたん
もちろん!
手作りだよ

子供みたいに目を輝かせてるテオくん、

めっちゃ可愛い…………。
テオくん
ありがとー!
あ、俺からもあるよ

そう言ってポケットから取り出したのは…


チロルチョコ。
じんたん
チロルチョコwww

あー可愛い…。

もうチロルチョコですら可愛く見えてきた。


俺はチロルチョコより

テオくんが食べたいな~。


…まぁそんなんいつでも出来るけど。
じんたん
じゃあ食べよ食べよ!

そう言って俺達はソファーに座った。

俺はテオくんから貰ったチロルチョコを
1口で食べてしまった。

あ、これ俺が好きな味だ。

テオくんは俺が作ったチョコを少しずつ食べていた。
じんたん
テオくん可愛い…
テオくん
え?
じんたん
いや、なんでもない
---
じんたん
……なんか暑くない?
テオくん
そう?
さっきからずっと体の中が熱い…。
テオくん
やっと効果出てきたね
じんたん
え?なんの?

息が荒くなってくる…なにこれ……。
テオくん
チョコに媚薬入れといた
じんたん
えぇ!?
なんでよ!?

確かに包装がおかしいなーとは思ったけど…
テオくん
じんたんばっか楽しんでずるいもん

いつもは俺に押し倒されてるテオくんが
俺のことを押してきた。

テオくんの力は強くて
狭いソファーの上で
俺は横たわってしまった。
じんたん
え………テオく…
-
テオくん
俺にとってのチョコはじんたんだよ


俺はそのまま美味しく食べられた。

END.



※これはネタです

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る