無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

#すまいるチャレンジ
【ホーラビ】

※すまいる様は神様です(宗教)

※テオくん目線

※玩具&SMプレイ

※裏切られた気分になるので注意です。


-







二人っきりの部屋には












苦しそうな吐息と











おもちゃ " 玩具 " の音が響いている。











じんたん
あっ、やだ………やめ、て……










手足を縛り、目隠し、首輪をさせられて


うつ伏せになって











ナカに玩具を入れられて、感じている。










そんな姿で俺にやめてとお願いしてくる。








じんたん
も、イったからっ………んんっ…












俺は玩具の振動数をあげる。











涎を垂らしてビクビクと痙攣している。




テオくん
汚い
じんたん
んぅ………






髪の毛を掴んで俺の方を向かせた。









ゲホゲホと咳こむ。

唾が飛ぶ。








俺はまた汚い、と呟いて


無理矢理口の中に別の玩具を入れた。










ナカに入っていた玩具を抜いて、


新しい玩具を入れる。









じんたん
んんっ…………んぅ、ん……!






必死に玩具を咥えて、


なにか口答えをしている。





テオくん
うるさい



首輪に繋いである鎖をぐっと引っ張る。





泣き声とも鳴き声とも似つかぬ声を出した。


その拍子に咥えていた玩具がボトリと落ちる。

お仕置きとして、玩具の電源を付けた。








玩具はナカで動き出す。

じんたん
ぅあ、ぁぁ………………ん、




なぜか気持ちよさそうにしている。









喘ぎ声は次第に大きくなっていく…













じんたん
イきそ………ぁ、あ…
テオくん
まだイくな
じんたん
っ………






ギリギリの所で、玩具の電源を切って抜いた。











最初は困惑していたが、



だんだんもどかしくなってきたのか

モノ欲しげに腰を揺らしてくる。







テオくん
そんなにイきたいなら自分でやれば






俺は、目隠しと縛っていた縄を解いた。




じんたん
やっと、テオくんが見れた…




……じんたんは " まだ " 幸せそうな顔をしていた。





俺は聞こえないフリをして



部屋の鍵を開けてその場を去った。






-













この部屋の外にはモニタールームがある。









もちろん監視カメラは何個か付いている。











モニターにはあの部屋の中が鮮明に映る。



じんたんの肌の色、部屋の薄暗さ、玩具の音…。






じんたん
あっ、あっ、テオく……………ぅう






早速部屋に置いていった玩具を取って、

少々乱暴に遊び始めた。









俺の名前を呼びながらイった。




合計.3回目。








まだ物足りないようで次の玩具を探している。


次々と試しては喘ぎ、俺の名前を呼んではイク。




合計.6回目。









部屋の中は精子と涎でぐちゃぐちゃになっていた。


俺の性欲が抑えきれなくなってくる。










-










1時間後、俺はドアを開けて中の様子を見てみる。






イクのに疲れてぐったりと眠っている。


寝顔はここからでは見えない。




俺は部屋の中に足を踏み入れて


あいつの前で止まった。



すぅすぅと、規則正しい寝息が微かに聞こえる。




















俺は自分のをじんたんのナカに入れた。







まだ生暖かくて、ねっとりとしている。



少しずつ動く。


ぶつかり合う音が響く。




まだ目を覚まさない。


息は荒い。










-
じんたん
んっ………んん…っ…………
テオくん
はぁっ、はぁ……はぁ





合計.10回目











あの後、じんたんは目を開けないが


確実に起きていて、モロに感じている。











まだ、まだイき足りない…………。
じんたん
っっ………!
はぁ、はぁ…


合計.11回目











じんたんは目に涙を浮かべている。







それでも俺は容赦しなかった。



腰を打ち続けて、何回もナカに出す。




ナカから溢れ出てくるのがエロい。




じんたん
テオくんっ………もぅ、疲れた…
テオくん
口答えすんなよ


思いっきり奥まで突く。



じんたんは目をギュッと瞑り、小さく唸った。









-










合計. ? ? 回目
じんたん
あっ、気持ち……ぃ…………♡♡




狂ったように自ら腰を動かしてくる。




目の焦点はあってなくて、俺の事を見ていない。




ただイキまくっては喘ぐ。


それが何時間か続いた。


テオくん
もう1回ヤるから
じんたん
………何回でもいいよ



そう言って抱きついてくるのは































可愛いくて 汚らしい、俺だけの性奴隷。





END.
-





すみません最初主旨を間違えて急いで書き直した中1の調子乗ってる奴ですカミネですはい()


テオくんとじんたんの関係などは
自己解釈でお願いします。。。


エロいっていうか可哀想ですね。
じんたんを虐めたかったんです。
ひどい奴ですよね、私←


すまいる様、見て下さっているでしょうか?

あんな素晴らしい方にとっては、
私のような身分の低い奴の小説なんて
鳥の餌みたいなもんですよね!!!
(((例え方)))


とりあえず私は風邪をひきました。
ありがとうございます(?)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る