無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

スイッチ
じんたん×みやかわくん
(じんみや)
じんたん
みや~
みやかわくん
なに~?
じんたん
ぎゅーってして♡
みやかわくん
やだ
じんたん
…………えっ(困惑)
みやかわくん
嘘だよ♡♡
ぎゅーー///
じんたん
あ、うん…

(さっきガチのトーンでビビった~…w)
みやかわくん
なに?なんか文句あんの?(半ギレ)
じんたん
んえ!?
いや、ないないない!!!(汗)
みやかわくん
じゃあなんなの
じんたん
いや…こうしてるとなんか落ち着くなぁって(汗)

(なんかめちゃくちゃ怖いんだが!?)
みやかわくん
ふへへ//
そっかぁ///
じんたん
ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

(機嫌は治った模様…)
みやかわくん
じゃあ…いいよね?
ジー…((ズボンのチャック開けられる
じんたん
ちょっ!?!?
な、なにやってんの!(焦)
みやかわくん
だって……いいんじゃないの?
じんたん
………はぁ
みやかわくん
…?
じんたん
そんなに言うんだったらさ…答えてやってもいいけど
そのかわり、立てなくなってもいいんだよね?
みやかわくん
おっ!w
スイッチ入った?ww
じんたん
だってみやが誘ってくるから…
みやかわくん
そっかぁwww
じゃあじんたんのベッドまで運んで~
じんたん
……は?
みやかわくん
あ、自分より背が高いヤツお姫様抱っこすんのやだった?w
じんたん
いや、俺の部屋の隣テオくんの部屋なんだけど…
じんたん
てかお姫様抱っこで運ばなきゃいけないのかよっ!
みやかわくん
いいから、いいから~
じんたん
お前絶対楽しんでるじゃん…
みやかわくん
つべこべ言わずに運んで~
じんたん
はぁ、しょうがないな~
部屋にて……
じんたん
はぁ、疲れた…
みやかわくん
じゃ、早速ヤろっか
じんたん
俺、疲れてるんですけど
みやかわくん
そんなのどーでもいいの!
それともムラムラしてないとか?w
じんたん
はいはいわかったよ…
((chu…
みやかわくん
んふふ……///
じんたん
ね、みや
みやかわくん
なぁに~
じんたん
俺、最近溜まってんだよね
だからほんとに立てなくしちゃっても…
いいんだよね?
みやかわくん
うん
むしろ大歓迎~((ニヤッ
じんたん
じゃ、服脱いで
みやかわくん
またヤる気スイッチ入った?w
じんたん
そうゆうのどーでもいいから

ん?慣らす必要ないじゃんw
みやかわくん
ヤる前に…ね?
自分で慣らしといたから
じんたん
いやらしーねーw
みやかわくん
褒め言葉で~す
じんたん
じゃあ入れるよ
みやかわくん
っ…もっと奥まで入れて?//
じんたん
ん……やばい、もう出そう
みやかわくん
えっ、俺まだイってないけど
じんたん
ん、あぁっ……///((ビュルルル
みやかわくん
ふぁ……((ビクッ
みやかわくん
ちょ、イクのはやすぎ!
ちょっとしか楽しめなかったじゃん
じんたん
大丈夫
何日溜めてたと思ってんの((ニヤッ
みやかわくん
激しくしてもいいよ…//
楽しませてね((ニヤッ
お~しまい(  ^ω^  )

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る